アキノキリンソウとアレルゲン検査

 9月になったと思ったら、すっかり朝夕涼しくなりました。
霧が峰のアキノキリンソウです。可憐で黄色の色がとても綺麗です。

akinokirinnsou.jpg

アキノキリンソウはアレルギーのRASTという検査の項目にもなる草花です。RASTは免疫グロブリンEを測る検査です。

 記事を書くにあたってネット検索をしていたら、アキノキリンソウそのものはあまりアレルギー疾患を引き起こすことはなさそうです。

 アキノキリンソウに良く似た植物で、アレルギー関連の話で良く出てくるのが、セイタカアワダチソウブタクサです。

 セイダカアワダチソウはキク科の植物で、低地にも一杯生えている。アキノキリンソウの別名がアワダチソウで、セイタカアワダチソウはその外来種ということらしい。セイタカアワダチソウの姿は美夏Dr.はあまり好きではありません。
 このセイタカアワダチソウがアレルギー性鼻炎を引き起こすとされてきたのですが、虫が花粉を運ぶので(虫媒花)、風で飛散する花粉量はそんなに多いわけではない。

 ブタクサはそれに引き換え風媒花(風で花粉が運ばれる)で、花粉は飛散し、秋のアレルギー性鼻炎の大きな原因。

 RASTの検査項目では、セイタカアワダチソウではなくて、アキノキリンソウが大抵項目のなかにあります。どうやら一緒になっているようです。もともと同じ種類の植物で花粉の構造が良く似ているのだろうと推測いたしました。(あちらこちら調べてみたのですが、良く分からない。)

三菱系の検査会社のHPによれば、提出された検体のなかでブタクサやオオアワガエリでは陽性率が10%台。アキノキリンソウは陽性の高いリストにはでていませんでした。(つまり陽性率は低いのでしょう。ごめんなさい、見つけられなくて。少なくとも一般的には診断的意味があまりなさそうですね。)

後で調べてみて更に分かったことがあれば、お話しますね。

関連記事

  1. このシーズンの杉花粉飛散は2月始めくらいから?

  2. 杉花粉情報 N0.2

  3. 即時型のアレルギー

  4. 口腔アレルギー症候群

  5. アナフィラキシーと粉

  6. この春の花粉はいつから飛ぶのかな

最近の記事 おすすめ記事
  1. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP