花粉症と鼻汁染色、スクラッチテスト

 花粉症治療  今年は暖冬のためスギ花粉症が例年より早く1月末頃から始まりました。 美夏クリニック ( http://www.mika-clinic.com ) にも風邪かなと診察においでになります。  花粉症が疑われる場合には、その場で鼻汁を採取して白血球の好酸球を染色してみます。  花粉症などのアレルギー性鼻炎では赤い顆粒を持った好酸球が綺麗に染まり、単なる風邪や細菌による鼻炎と鑑別が出来ます。  この花粉症なのか上気道炎なのかの鑑別をするための染色は、適切な治療を行うためには必ずやっておく必要があります。  さらにその場で結果が出る検査としては、スクラッチテストがあります。腕にわずかな引っかき傷をつくり、花粉エキスをたらして15分。その花粉とその方が反応しているかどうか、結果が出ます。  検査センターに依頼する血液検査もあります。血清の特異IgE抗体でさらに何にアレルギーなのかが判りますので、予防対策が立てやすくなります。  例年花粉症の症状が重い方は花粉が飛び始める少なくとも2週間前から点眼、点鼻薬と経口剤でしっかりと予防しておきますと症状はとても軽く抑えられます。 もちろん治療が遅れてしまった方でも花粉の飛んでいる期間は治療を早めに始めることは大切です。  一般に薬局で買い求める抗アレルギー剤、特に抗ヒスタミン剤は服用で眠気がくる事が多いのですが、クリニックでは眠気の少ないものを処方します。  漢方薬も大変よく効き、眠気は全く起こさず、むしろ頭が冴えて来ますので、就寝前には避けたほうが良いかもしれません。  スギ花粉で悩まされるのもあと一月ぐらいですが、スギアレルギーの方はヒノキにも感作されている事があり、其の場合ですと5月に入ってももうしばらく悩まされる事になります。  それにしても日本人の約20パーセント程度がスギ花粉症といわれ、国民病と呼んでよい異常な状態です。 根本的治療法として、スギ花粉を減らす対策を国家レベルで取り組むようにしてほしいものだと常々思います。(Dr.筑田 記) 「ちょっと話題としては遅いんじゃあない?」 と聞いたところ、まだ結構患者さんおいでになるからねえ、との事でした。  美夏Dr.はスギの花粉症ですが、今年はあまり抗アレルギー剤を飲まなくても、症状が軽くてすみました。スギ花粉の飛散量が少なめだったのでしょうね。  4月にはいって、美夏クリニックは少々暇です。こんな時期でないとなかなかブログは書けません。筑田先生からも、原稿がまとまって届いていますので、少しずつアップしますね。 posted at 2007/04/07 09:02 | kojitomika |

関連記事

  1. 長期の解熱鎮痛剤より鍼治療を

  2. 花粉症の簡便検査、診断と対策(Dr.筑田)

  3. 口腔アレルギー症候群

  4. アナフィラキシーと粉

  5. 銀杏皮膚炎

  6. 花粉皮膚炎

最近の記事 おすすめ記事
  1. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP