額や鼻のざらつきは、脂漏性皮膚炎かもしれません

fungus.jpg

 そうそう、思い出した話題があるので帰宅前に一つ書きます。

それは「春から夏はカビの季節」--当然皮膚科では抗真菌剤の投与量が増えます。

 マラセチア(癜風)という皮膚の常在菌があります。常在菌なので人と共存しているか、ひょっとすると皮膚を守っているのかもしれないカビです。

 マラセチアは脂が大好き。脂の多い時期、脂の多い場所では増えてしまいます。それでマラセチアと関係が深いとされている皮膚の疾患が3つあります。脂漏性皮膚炎マラセチア毛包炎癜風です。

 マラセチアについてまとめて書いた記事こちら


 この時期から夏にかけて皮膚が毛穴ごとにざらざらして赤みを帯び場合によって痒くなる方がおいでです。髪の生え際や鼻、眉頭付近、鼻の横(下瞼のちょっと内下方)が赤くてざらざらしています。

 特にもともとやや毛穴の目立つ肌質で、オイルクレンジングオイル量の多いリキッドファンデをお使いの方に多いように感じています。 抗真菌剤ですっきりすることが結構あります。多分マラセチアが増えすぎているーーー。

 そうよ、ナースF嬢がそうだった。足し算で丁寧に丁寧にたくさんしていたお手入れをすべて辞めて、単純で引き算のお手入れにしたら、日ごとに良くなってきた。本来の彼女の皮膚に戻るのに1年かかったし、まだ鼻に名残りがあるけれどーーー。

 

 そうそうカビって嫌な印象があるでしょう?でもね、とてもカビって美しいのです。

 イトリゾールを出しているヤンセンファーマで以前発行していたMycology Newsという雑誌があります。これの表紙がいつもとても美しいカビの写真でした。あんまり美しかったので、お見せしたいとインターネット上で似た画像を探したのですが、見つからない。残念です。スキャナでという訳には行かないからーーー。カマンベールチーズの画像で我慢してね。

 リンクしてよいのかどうかわからなかったのですが、「北海道ネイチャーグラフィックマガジンfaura13号」で検索すると、美しいカビの画像が探せます。

関連記事

  1. マラセチア毛包炎とニキビは見分けがつきにくい

  2. カビ 脂漏性皮膚炎

  3. カーボンピーリング 毛穴の治療

  4. マラセチアという真菌の話

  5. クリニックの春の訪れ、、、

  6. 脂漏性皮膚炎と常在菌 マラセチア

最近の記事 おすすめ記事
  1. 春なのに

    2020.03.30

  2. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP