しみを作らないために

スキンケアの続きを書くために、過去のブログからの引越し記事です。なお、美夏クリニックのウェブサイトにも少しずつまとめています。焼き直しで申し訳ありませんが、話の流れが見えなくなってしまいますので、書かせてくださいね。 <摩擦>こすらないで NO.1  2006/6/19      しみを取るための方法は、すでにほとんど確立されています。治療方法には、レーザーや光照射、ハイドロキノンやトレチノインなど外用療法など、こういうしみにはこういう治療をすると決まってきています。言い換えると、どこの施設でも治療機器と医師の知識があれば、あまり差がありません。  しみ治療を円滑に進める最低条件は、私はスキンケアだと思います。いくらきちんとした治療をしても、スキンケアがきちんと出来ていないと、良くなるどころか反って悪化します。 重要なことは    1、紫外線をさける        2、摩擦の力をかけない  本日の話題は「摩擦の力をかけないで、こすらないで」  私たち有色人種の皮膚はもともとメラニンを産生しやすい。こすってしまえば、メラノサイトはすぐに元気になって、皮膚を防御するためにメラニンを作ってしまいます。メラニンは皮膚の中を守るための防御装置です。  摩擦しないでと、お話しますと皆さん異口同音にこすってませんとおっしゃいます。でも本当にそうですか? 1)洗顔は、ダブル洗顔はやめましょう。ふき取りタイプのクレンジングでティッシュでごしごしやっていませんか? 2)洗顔のときに、指や手のひらが特に頬骨の上を往復してませんか? 3)余分なものが入っていない石鹸(純石鹸)で汚れを浮かすように、丁寧に、皮膚をこすらないように優しく洗ってくださいね 4)お水で流すときには、パッティングするように洗っていますか? 5)タオルは押し当てて使っていますか?やわらかいタオルをそうっと押し当てるようにして、水気を取りましょう。 6)たくさんの種類の化粧品を塗るたびに、お顔の皮膚はこすられていませんか?化粧品の種類はなるべく減らしてくださいね。 7)マッサージしていませんか? 8)横を向いてお休みになる方、枕でこすっていませんか? 9)頬杖をつく癖はありませんか?   優しく洗っているつもりでも、皮膚の上をあなたの手は1日に何回往復していることでしょう?お顔の皮膚は触らない方が、色はつきません。 1回こすれば、1回分色がつきます。  手のひらを頬骨の上にのせると、骨が触りますね。その頬骨の上に色が強い人(肝斑も慢性の炎症後色素沈着であるとおっしゃる方がいます)、目の周辺のみ色が白く肌理が細かい人、法令線または鼻唇溝と言う口の横のラインは色が白い人、えらの上内側の色が濃い人は、是非洗顔方法を見直してみてください。  こするのをやめる、化粧品の数をへらすだけで、半年経てば皮膚の状態はかなり改善します。  でも先生は痒くて時々掻いているよね? だから痒いところは、色がついているでしょ?すみません。 <赤ら顔> こすらないで  No.2   2006/6/22  しみを作らないスキンケアについての続きです。  赤ら顔の原因はいくつかあります。その中で、こすって赤くしてしまったお顔の特徴をお話します。  さかさパンダのように、目の周辺や法令線、フェイスラインなどお顔の周辺は、肌理が細かくて白い。それなのに眉の上、頬骨の上など出っ張っている部分は、毛穴が目立ち皮膚そのものも厚く赤みがかっている。医者の用語を使えばやや浮腫っぽく、血管が拡張している。  毎日物理的にこすられるのは皮膚にとっては大きなダメージ。その摩擦の力に対抗して、精一杯の防御をしている姿が赤ら顔。 つまり、皮膚の浅いところまで血管は拡張し、酸素を運ぶ赤血球や外敵と戦う白血球を増やす。(赤み=血管拡張) 臨戦状態になって、炎症惹起物質という免疫系の物質がたくさん出てくる。その結果、血管の外へ水分が流れ出て皮膚そのものも厚くなります。まさに、炎症そのものです。  この赤みや厚みは、接触性皮膚炎というかぶれやアトピーなどの湿疹、ニキビなどでも起こってきます。かぶれると赤くなって腫れるでしょ? 一般的に、血管の拡張や皮膚が厚くなる現象は、その原因が取り除かれれば消失します。  でも長い期間炎症が続くと元へ戻る力がなくなり、湿疹や摩擦など炎症の原因をとりのぞいても、赤く肌理の粗い皮膚がそのまま残ります。  赤ら顔が気になる場合には、まずかぶれ(接触性皮膚炎)やアトピー、脂漏性皮膚炎、にきび、こすっているなど赤くなる原因があるかどうか診断が必要です。診断の結果、病的な状態ならば皮膚を健康にするために治療や皮膚にあったスキンケアが最初のステップ。  その上で残ってしまった赤み(血管の拡張)や厚み、毛穴については美容外科的な治療が必要です。 美容外科的な(美容皮膚科的な)治療の中で赤みに対して直接働くものは、光治療(フォトセラピー)や赤用のレーザー(Vビームやダイレーザーなど)があります。  それらの治療は、もともとの病的な状態や不健康なスキンケアを改善した上でなされなければ、良い結果を出すことは難しいと思っています。  せんせ!!痒いんでしょ?掻いているよ。駄目だったらあ。掻いたら、皮膚は余計痒くなるし、色がつくって自分で言ってるじゃあない。  でもね、痒いのを我慢するのはとっても大変なこと!なすびは痒くない人だからーーー。シャワーを浴びて、締めている下着をはずすと楽になるんだけどね。部屋も冷やさなくちゃ。 おかしいなあ?なすびよりひと回りは年上のはず。どうしていつも怒られているのかな? http://www.mika-clinic.com posted at 2006/07/03 18:41 | kojitomika | permalink/全文表示 |

関連記事

  1. 美夏クリニックのしみ治療最前線

  2. Obagi nu-derm system (7) 2クール終…

  3. Obagi nu-derm system (2) 最初は大変…

  4. ハイドロキノンの使い方

  5. しみ抜きのお薦めコース 戻りじみ対策!

  6. フォトフェイシャルファーストの結果 No.1

最近の記事 おすすめ記事
  1. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP