ハイドロキノンの安全性

cosmetics2.jpg

 ハイドロキノンの安全性については、過去も今も議論があります。

 はっきり分かっているデメリットは、

1、メラノサイト(色素産生細胞)に対して細胞毒性がある。つまり使用量によってメラノサイトが働かなくなってしまい、皮膚の色が白く抜ける ことがある。

2、アレルギー性の接触性皮膚炎を起こすことがある。 こちら

3、刺激性の接触性皮膚炎を起こすことがある。つまり濃度や使用量によって赤くなったり、ヒリヒリしたりする。

4、皮膚の発ガン性については、結局よくわからない。(食べては駄目です)

ハイドロキノンのメリットとしては、安価で強力であることに尽きると思います。

 1、塗る漂白剤としては、最強だと思う。ルミキシルの方がメラニン生成抑制率が高いと実験系では言われているが、患者さんにハーフサイドで塗って貰うと、ハイドロキノンの方が白くなる。

2、安価です。コストあたりの漂白力では、かなうものが今のところない。

美夏クリニックでは、内服薬より外用薬の方がまだリスクは低い。ハイドロキノンはトレチノインを使用しているとき光治療やレーザー治療をしているときにはしっかり使う。メンテナンスには、使わないか、低濃度のものを少量使うのをお勧めしています。

関連記事

  1. しみを復活させないために

  2. 多数のしみの中に 皮膚癌

  3. ハイドロキノンの使い方

  4. レーザー治療による炎症後色素沈着

  5. ルミキシル スキンブライトニングに

  6. トレチノイン療法 フォトフェイシャルファーストと比較して

最近の記事 おすすめ記事
  1. 春なのに

    2020.03.30

  2. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP