ほくろと間違えそうな悪性腫瘍 基底細胞癌

 美夏DR.はもともと形成外科医なので、手術をするのは慣れています。

 どのようなほくろを切除し、どのようなものなら安全にレーザー照射ができるか鑑別するのは、ある意味腕の見せ所です。勿論とても怖い思いをする事があります。

  最近おいでくださった患者さんで、「他の人のためになるなら画像を載せてもいいです。」と言ってくださった方がいます。鼻のほくろのように見える黒っぽい腫瘤です。

 

bcc.jpg

 「最近出てきた物で、他のほくろと違うと思う。だんだん大きくもなってきている。」とおっしゃっていました。 

 ダーモスコピーで拝見すると、色が何やらむらむらとあやしい。 

  小さいものなので、手術時間は5分ほどで終了です。美夏Dr.は年齢とともにすっかり怖がりになってしまって、1mm離して軟骨膜を含めて切除しました。

 確定診断は「基底細胞癌」でした。

 取り残しの可能性が全くないのを病理の先生に確認してもらい(武蔵野市医師会検査センターではとっても優れたことに、札幌皮膚病理研究所の先生にお願いしてくれます。ヤッホー!!本当にここの先生は頼りになります。悪性腫瘍であると診断した場合には、切片を追加して多方向に検討してくれますし、状況においては、私のような開業医でも電話で症例検討をしてくれます。いつも感謝しています。)、自分でもプレパラートで確認し、治療終了です。

 

  この癌はあまり悪性度は高くないのですが、場合によって再発を繰り返す嫌なやつです。最初の治療できっちり切除することが一番重要です。  

 

 ところで、一番困るのはーーー。 肉眼的に診ても、ダーモスコピーで診ても、診断を迷う足の裏の荷重部の黒い色と、爪の下の黒い色。 

 明らかに良いものと明らかに悪いものは、これは迷う必要がなく、治療方針が決まってきます。ところがその中間で、顕微鏡レベルでないと診断出来ないのに、その診断のための手術がとても患者さんの負担になる(大きさや場所で)場合は本当に困ります。経過で決めることになることが多いように思います。

関連記事

  1. 紫外線と皮膚がん

  2. 悪性黒色腫 ホクロではなかった

  3. 形成外科の手術ーー腫瘍を取る

  4. 多数のしみの中に 皮膚癌

最近の記事 おすすめ記事
  1. 春なのに

    2020.03.30

  2. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP