クリニックにある絵

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com には、お気に入りの小品がいくつか飾られています。その中の1枚を紹介します。

画家は谷口金治さん、八王子在住の方で詩情のある絵を描いておられます。

donkey.jpg

 

仕事帰りの農夫がロバに乗っています。夕日を背にして、乾燥した空気の中を帰ってくるようです。音のない世界を感じます。

もう20年くらい前になるでしょうか?トルコのイスタンブールで美容外科学会があり、恩師鬼塚教授のかばん持ち20人あまり、出かけたことがあります。カッパドキアを観光いたしました。

石の中の家、乾いた大地、雨に侵食されたのか独特のきのこのような地ーーー。とても印象に残っています。(また、行きたいな)

 

この金治さんの絵をみていると、そのときの風景が眼に浮かびます。

 

 

金治さんのウェブサイトを紹介します。http://www2.bbweb-arena.com/takedog/index.html

写真が上手に撮れていません。もしよかったら、現物をクリニックに見に来てくださいね。

 

 

金治さんの絵を始めて拝見したのは、ウェブサイトの記事を拝見すると1993年の銀座のギャラリーの個展だったでしょうか?たまたま筑田先生と銀座をぶらぶらしていて、最初に入ったのが安井賞の展覧会でした。私は日本の絵画の流れには詳しくありません。でもいずれにしても安井賞にあった絵は、少々暗い印象の絵が多く、気が滅入っていました。ある意味印象的だったのかもしれません。

 その後地上に出てすぐの朝日ギャラリーにあった個展にひょいと立ち寄りました。金治さんのブラジルの大きな油彩が一杯飾られていました。躍動的で明るいエネルギッシュなブラジルの人と風景!!どちらかというと素朴な印象がありましたけれど、その人や生き物の命の瑞々しさ、生命のたくましさに魅かれました。

 その後時にお目にかかる機会があり、いくつかリトグラフや小さな油彩を購入させていただきました。金治さんの絵は、大きな油彩で真価を発揮していると思っています。私の力では及ばず、クリニックにある絵は小さなものばかりです。でも私のお気に入りです。

 

 

 

関連記事

  1. ピカソ展に行きました(2)

  2. ピカソ展に行きました (1)

  3. 「対決」日本美術の美術展に行きました

  4. 筑田画伯の画

  5. アートの小部屋 No.1

  6. 国立博物館特別展 「妙心寺」に行ってきました

最近の記事 おすすめ記事
  1. 春なのに

    2020.03.30

  2. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP