モントリオール交響楽団(ケント・ナガノ)を聴いてきました

kentnagano.jpg

 一昨日おなじみ武蔵野文化事業団主催のオケに行ってきました。

 プログラムの体裁はいつものごとくシンプルなものです。とても立派な姿勢だと思います。

それで曲目はベルリオーズの幻想交響曲、とワーグナー「楽劇 トリスタンとイゾルデより 前奏曲と愛の死」、ラヴェル「ボレロ」。

 美夏Dr.の好みは小編成で、ちょうどこのワーグナー、マーラー、ベルリオーズあたりをあまり聴いたことがありません。(その上相当疲労が蓄積していて、頭も朦朧として聞いていたので、不適切なことを書いたら申し訳ありません。)

 ベルリオーズは、題のごとく夢か幻か絵巻もののように曲目が流れ、美しい世界が広がってくるようでした。情熱の熱さ、舞踏会の動き、田園の鳥の声や風の響き、行進の音ーーー。

 演奏会でオーケストラを聴くと、それぞれの音がとても奥行きをもって有機的に響いてくるからとても楽しいですよね。ケントナガノさんという指揮者は、日系アメリカ人だそうですが、とてもきれいに優美に歌っていたと思いました。

 ラヴェルの「ボレロ」。通奏低音のように管と打楽器がずっと同じ音でリズムをとってますよね。あのターンタタタッタタタタタです。いやあ始まりから終わりまで、ずっとほとんど同じ音程で。つくづく音楽も大変だと思いました。それぞれのパートが代わる代わる旋律を歌って、楽しい曲です。金管のトロンボーンかな、吹いている間だけお顔が真っ赤で心配でした。

 近いことと価格が比較的リーズナブルなので、自分の好きなものだけではなくて、自分自身にとって新しい分野が聞けるので本当に嬉しい。この10年社会生活からも芸術からも遠ざかっていたので、演奏家たちもちょうど世代が代わり、それも楽しい。

 指揮者では、カルロス・クライバーやショルティがとっても好きでしたが、新しい世代でMy favorite conductors は誰がなるかしら?ちょっと楽しみです。

関連記事

  1. ジェラール・プーレさんと深尾由美子さんのコンサートにいきまし…

  2. バロック音楽の楽しみ レ・プレジールを聴きました

  3. マイスキー バッハ無伴奏チェロ組曲

  4. ダン・タイ・ソンのショパンを聴きました

  5. Nordik Tree を聞きました

  6. アンドレ・ワッツのリスト

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP