アンドレ・ワッツのリスト

watts.jpg 演奏会場で、ついCDを購入してしまいます。

 アンドレ・ワッツさんのリストがとても気に入って、最近よく聴いています。1984-5年の録音でEMI classicsのディスクがお気に入り。こちら 「パガニーニによる大練習曲」「巡礼の年」「3つの演奏会用練習曲」などから曲が選ばれています。

  今回の演奏会ではピアノにとても近い位置で聴いていたせいか、力強さとダイナミックな印象を受けました。

 それがCDでは、繊細で詩情にあふれている。聴いている私の気持ちに、リストを弾いているワッツさんのリリシズムがぴったり来ます。

 同じピアニストでも24年くらい前の演奏と今の演奏が異なるのは、当然でしょう。また演奏会に出かける醍醐味になるのですが、年代が同じでも日によって演奏は違います。 そして聴き手の状態(個人としても、聴衆としても)が違います。

 私はワッツさんのリストが好きなんだ って思いました。現実的ではないのですが、またピアノが弾きたいなと思いました。(あと数年すれば弾く時間ができるかな??) 

piano1.jpg 音楽の好みが少しずつ変化します。

 先日の演奏会でシューベルトの「さすらい人」を聞きました。なんだかもっと端正な印象があって、誰の演奏をもっぱら聴いていたのだろうと思って探して見たら、スヴァトスラフ・リヒテルでした。

 リヒテルは、バッハやヘンデルの演奏から20世紀の音楽まで、どれも大好きです。あの武骨な容貌からは想像しにくい情熱的な旋律が生まれます。とくにショパンスケルツォは、何回も何回も飽きもせず聴きました。

 それで、今回60台半ばのワッツの「さすらい人幻想曲」。ちょっと泥臭いようなロマンティシズムを感じました。それがリヒテルのとても美しく端正で何と言うかバランスがとれた演奏と比較したときに、この少し泥臭い感じって今の私は好きなんだって思いました。

関連記事

  1. マイスキーのチェロコンサート NO.2

  2. ルゲとエスケシュのデュオ (オルガンとピアノ)

  3. マイスキー バッハ無伴奏チェロ組曲

  4. どうして踊りださずに座って聞いていられるのか?ーー レンドヴ…

  5. カルロス・クライバーのカルメン

  6. モントリオール交響楽団(ケント・ナガノ)を聴いてきました

最近の記事 おすすめ記事
  1. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP