【日光色素斑(日光黒子)】
平らで盛り上がりのない褐色のしみで紫外線の刺激によることが多い。
レーザー治療・・レーザー照射(Qヤグ)は、効果の確実性が高い。厚みがある場合は2-3回照射することが多い。かさぶたは長くつけておいた方が仕上がりが綺麗です。その方法として 1、肌色のテープを7日間貼る  2、肌色テープを2-3日貼った後、スポッツカバーという痂皮用のコンシーラーをお使いになる事をお薦めしています。 3、でも擦らないようにして、何も貼らない人もいます。沢山照射すると貼りきれません

もどりじみ(炎症後色素沈着)といって、半年くらい黒ずんだ色、元のしみより濃い茶色になって目立つことがあります。レーザーが基底膜にあるメラノサイトを刺激してしまうの。トレチノインとハイドロキノンの併用をお勧めしています。

フォトフェイシャル(m22)は、お顔全体に一発ずつ60-100発ほど照射する治療です。35x15mmのライトガイドをずらしながら、カットオフフィルターが7枚あり、短いものでは515nm 長いものでは755nm以下の波長をカットします。もちろん紫外線は照射されません。短い(数字が低い)波長ほどメラニンにしっかり反応し、反応も浅め、肝斑や炎症後の色素沈着は悪くします。590nmくらいの波長だと赤みを減らすのに役に立ちます。長い波長は深い部分で反応し、皮膚の引き締めに役に立ちます。お顔全体を2巡するのを基本にしています。治療後の痂皮は化粧で隠しやすく、炎症後色素沈着も軽く、日常生活を送る上で手入れがラクです。ルミナス社は光治療器のパイオニアで、厚生労働省の認可の取れた製品です。それでもしみの種類によっては、消えないしみもありますし、回数を重ねて薄くなるだけの場合もあります。肝斑や炎症後色素沈着に照射するときには、トラネキサム酸+シナールの内服がお薦めです
塗るタイプの治療・・・・

トレチノイン療法といって、トレチノインとハイドロキノンをご自宅で朝夕2回塗って漂白していくという方法です。トレチノインを塗っている部分が赤くなって剥けてくるため、化粧に工夫が必要なのが欠点です。比較的安価で、漂白する場所を限定しながら使えます。場合によってはトレチノイン療法で不足する分をレーザー照射するという使い方もできます。また、レーザー照射後の炎症後色素沈着を短期間で終わらせる為にも使えます。肝斑が悪くなる方が時におられます。・・・・

オバジDr.のゼオスキンヘルス セラピューティックはとても仕上がりが美しい治療です。どんな人でもちゃんと治療すれば結果が出ますし、個人差が少ない治療です。フルフェイスの治療で、赤くなり乾燥し剥ける期間が18週で辛い期間が長いのが欠点です。

【脂漏性角化症】
表面がザラザラと盛り上がっているしみです。首などにでるいぼ状のもの、お顔や体の中の盛り上がっているビロード状のものなど。肌と同じ色のものから黒いものまで、色にはかなり差があります。ウイルスによるものではありませんし、悪性の腫瘍になることもありません。炭酸ガスレーザーで隆起している部分を削るのが最短の治療です。かさぶたが1〜2週間ほどは目立ちます。黒ごまを散らしたようだと仰った方もおいででした。また、一時期ですが炎症後色素沈着といって茶色の目立つ方がたまに(小さい物で1割くらい、4mmを越すものですと半分以上)おいでになります。心配な方や炎症後色素沈着が目立つ方は照射後イオン導入やハイドロキノンを併用なさるか、トレチノイン療法をなさるほうがよいと思います。なお、治療には紫外線の少ない時期をお勧めしています。

【肝斑】 なかなか治療結果がでないのに、再発は早い
 両頬に蝶の形に出ることが多いしみです。妊娠や更年期など女性ホルモンが変動する時期に発症することが多く、紫外線にあたるなどの刺激で増悪します。洗顔やお化粧で摩擦することで悪化している場合もよく拝見します。 時に悪くなり時に良くなりを繰り返します。まだ分かっていない部分があって、学会研究会などでも常に議論の対象となっています。レーザーに反応せず、返って悪くなることがあります。
 一般的に以前からなされてきた治療方法に、飲み薬のトランネキサム(血栓症リスクのある人には処方できません)、塗り薬のハイドロキノン、ビタミンCのイオン導入の3者併用療法というのがあります。肝斑が完全に消えるまでの効果はありませんが、日常生活に及ぼす影響が低く、全般的に色白になり、皮膚のコンディションが上がります。
 そのトランネキサム、ハイドロキノン、イオン導入を続けながら、1か月に1回程度Qヤグレーザーによるレーザートーニングやフォトフェイシャルをお受けになると、表面のくすみが取れ、少し良くなりますが、また再発します。
 
肝斑に効果が高い塗る治療方法として、ロスのオバジによるゼオスキンヘルス セラピューティックがあります。この方法はご自宅で薬剤を朝夕塗るやり方で、現在、肝斑には一番効果的です。トレチノインでメラニンを追い出し、ハイドロキノンでメラノサイトがメラニンを生成するのを抑える治療法で、赤くなったり、剥けてくるのが欠点です。また紫外線を浴びると悪化する場合がありますので、注意が必要です。なかなか完全に取れませんし、再発再燃するので、肝斑の為に治療するのはちょっと悩んでしまいます。顔がひきしまり、弛みが軽くなり、すごく結果がよいのですけどね。。。。

【雀卵斑(そばかす)】
両頬に薄い平らな褐色の色があるもので、先天的になりやすい人がいます。フォトフェイシャルやヤグレーザーがよい適応です。フォトを照射した後で残ったものに、レーザーをあてるとよいと思います。夏すぎるとまた再発するかもしれません。

【遅発性太田母斑様色素斑、(真皮メラノサイトーシス】
メラニンが真皮という皮膚の深い部分にあるしみです。やや黒ずんだ、または灰色がかった数ミリ程度の丸いしみが、両側の頬にたくさんあります。Qスイッチレーザーの適応があります。ただ、効果が現れるのに時間がかかり、数回の照射が必要になります。3-4年ですが、再発せず、期間はかかるけれど満足度は高いの。

【炎症後色素沈着】
ニキビや擦り傷などの跡です。手術やレーザー照射、深めのピーリングなど何か処置をした場合にも起こります。通常1年くらいで色が消える場合が多いです。炎症後色素沈着が起こった場合に、紫外線にあてないこと、触らないこと(摩擦の力が皮膚にかかると色は黒ずみ、色素沈着はさらにひどくなります)の2点は重要です。その上で、治療としてはハイドロキノンの塗布やビタミンCのイオン導入、オバジまたは吉村式のトレチノイン療法をお薦めしています。
アトピー性皮膚炎の炎症後色素沈着など、慢性の炎症を繰り返し、基底膜が壊れ、メラニンが真皮に落ちてしまったものはトレチノインを使う外用療法をしながらレーザー照射をすると良いと思います。

最近の記事 おすすめ記事
  1. プール

    2018.09.8

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP