肺炎球菌ワクチン 三つのニュース

earth2.jpg 本日は肺炎球菌ワクチンについてです。昨夜医師会の予防接種講習会に出席しました。ほやほやのニュースです。瞼の記事が遅くてすみません。

 肺炎球菌は、高齢者では肺炎幼少児では髄膜炎の起炎菌として重要です。 大人に対しては、ニューモバックスという肺炎球菌ワクチンが2006年10月より使用されてきました。

1)肺炎球菌ワクチンの再接種が推奨されるようになりました。つい最近まで、1生涯に一回のみの接種とされ、実際には5-10年でだんだん免疫が下がるので、少々現実的ではありませんでした。今回変更があり、日本感染症学会では再接種のガイドラインなんてのも出ています。

2)武蔵野市の助成が受けられます。武蔵野市民65歳以上の方は、肺炎球菌ワクチン接種に市よりの助成を受けられます。平成22年度枠は4月より可能です。 ただ21年度枠は新型インフルエンザの流行もあって2000人分の助成枠が設けられたため、まだ200人足らずの余裕があるそうです。

 65歳以上の市民で今まで公費負担で接種をした事のない方は武蔵野市健康課(51-0700)へ、生活保護受給世帯で65歳以上の市民の方は生活福祉課(60-1848)へはがきか封書でお申し込みください。 

3) プレベナーという小児用ワクチンが2月24日に発売開始されます。免疫の未熟な乳幼児にも有効なんですって。このワクチンで予防可能な疾患は肺炎球菌(4,6B,9V,14,18C,19F,23F)による感染症です。肺炎球菌が起炎菌となる小児の感染症には、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、敗血症、細菌性髄膜炎などがあります。特に細菌性髄膜炎は死亡率も、後遺症の頻度も高い。

 原稿を書くにあたって、専門外の私がパラパラと細菌性髄膜炎のガイドラインというのを見ました。診断が難しそう治療が難しそう時間との競争っていう感想を持ちました。その細菌性髄膜炎の起炎菌の上位2つが肺炎球菌インフルエンザ桿菌なんですね。プレベナーアクトヒブでかなりの割合がカバーできるそうです。

関連記事

  1. 今年も麻疹の流行が懸念されています

  2. インフルエンザ予防接種のお勧め (筑田Dr.)

  3. 子宮頸癌予防にヒトパピローマウイルスワクチンを(Dr.筑田)…

  4. 武蔵野市の公費負担による肺炎球菌予防接種のおしらせ

  5. 百日咳が流行しています (DR.筑田)

  6. はしか(麻疹)が流行っているそうです

最近の記事 おすすめ記事
  1. 春なのに

    2020.03.30

  2. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP