クリニックの春の訪れ、、、

日本の四季ははっきりしています。

冬の低温で乾燥している時期から、美しい花も盛りの4月となりました。

皮膚科の春のまず第一弾は、花粉です。 花の咲く一月以上まえから、杉は花をつけ山までが赤から黄色と燃えるようになってきます。そうするとスタッフの中でも花粉症のAナースと私はくしゃんくしゃんだったり、ハックションだったり、お互いに顔を見合わせて本日は花粉量が多いとか、痒いとか言い合うようになります。もう4月、そろそろ花粉も飛び終わってほしい時期です。花粉が飛んでいる時期は、花粉皮膚炎と言って花粉がお肌についてかぶれる患者さんが多く、治療には配慮が必要です。ニキビの患者さんであれば、通常よりもやや油性の強めの保湿にしていただき、水溶性の花粉の影響を抑えるように指導しています。

第二弾は抗真菌剤処方が増えてきます。

患者さんたちの生え際に小さな赤いニキビが出来るとか、鼻の横がざらざらするとか、マラセチアという真菌(カビ)の症状が出てきます。まだ水虫の再燃の方は多くはありません。大体アゾール系の塗り薬を処方します。おお!高温高湿の時期の先触れだなって感じます。

第三弾は二重を作りたい患者さんたちです

お雛様の頃から桜の咲くころまでは、二重になさりたいお嬢さまたちがおいでになる季節でもあります。新学期以降にはお顔の印象が変わるのは嫌だから、進学する前に埋没しておきたいと仰るかたが結構おいでになります。ゴールデンウイークの頃には、サングラスがかけやすい時期に手術したいとおっしゃる患者さんが増えてきます。

形成外科、皮膚科外来ではちょっと殺風景ですが、花粉と抗真菌剤と二重形成の手術が春の訪れを教えてくれます。

関連記事

  1. まぶたのたるみを取ろう!

  2. 春の雨とすぎだら倶楽部

  3. マラセチア毛包炎とニキビは見分けがつきにくい

  4. マラセチアという真菌の話

  5. 内服薬(飲み薬)の形

  6. 花粉症の簡便検査、診断と対策(Dr.筑田)

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP