びわ 山の薬草 No.3 (Dr.筑田)

biwa.jpg

びわの花が盛りの時期です。

 花は地味であまり目立ちません。 むしろ葉の濃い緑と力強い形が見るものを引き付けます。

 漢方薬としては琵琶葉として使用されています。 春に葉を収穫し、天日干しします。薬効成分はタンニン、アミグダリン、ウルソール酸ですが、鎮咳、去痰、消炎、健胃作用が有ります。

 

鴨川の野山を歩いていて、枇杷の花を見つけたDr.筑田はすばやくカメラに撮っていました。山の薬草ではありませんが、便宜的にそのカテゴリーに入れました。千葉県は長崎と並んで、枇杷の産地です。

関連記事

  1. ルバーブのジャム

  2. 芍薬は美を造る-父と花と薬 (Dr.筑田)

  3. トリカブト 山の薬草 No.1 (Dr.筑田)

  4. マムシグサ 山の薬草 No.2 (Dr.筑田)

  5. 蓼科の秋

最近の記事 おすすめ記事
  1. 春なのに

    2020.03.30

  2. 梅雨開け

    2019.07.25

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP