ニキビにケミカルピーリング

lily.jpg

 毛穴からの皮脂の排出量よりも、皮脂腺での生産量が多ければ、いずれコメドは貯留してきます。

 皮脂の排出を促す治療の一つにケミカルピーリングがあります。15年くらい前から、保険適応はありませんが、一般的な治療になっていると思います。

 ケミカルピーリングは皮膚の表面に薬を塗って、皮膚を剥がす手技です。日本では、グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸が一番使われています。、剥離する層もvery superfacialと分類する皮脂と角質層の一部をはがすというきわめて浅いピーリングが一般的です。

 ケミカルピーリングの効果は

1、皮膚表面のくすみが取れる  2、皮膚に塗る薬の浸透性がよくなる。(バリアが破綻される)  3、コメドの排出が促される。  4、新陳代謝が促される ということになると思います。

 ニキビ治療においては、3番目のコメドの排出が促されるという効果が期待されているわけですが、コメドそのものを持ち上げて排出させるまでの効果はなかなか期待できません。

 ちょうど皮膚科学会のケミカルピーリングを説明してあるサイトがありましたので、ご覧ください。こちら

 このウェブサイトによれば、中等症の患者さんで2週間に1回の治療を6回、重症の場合は10回で、大体新しいニキビができるのを抑えられると記載されています。3ヶ月から5ヶ月ですね。ちょっと時間がかかりすぎている気が致します。ビタミンAのほうが早いかしら?アダパレンだと3月で60%の減少率というデータを拝見したので、同等かも知れません。トレチのほうがもう少し早く減少すると思います。

また、先月号の皮膚科学会誌にケミカルピーリングガイドラインが載っていました。それによると、ケミカルピーリングの弱いレベルでのエビデンス(効果)がある、すなわち「良質な根拠は少ないが、選択肢の一つとして推奨する」という効果がある疾患は、ざ瘡(にきび)、小さい斑状の日光黒子、小皺でした。他の皮膚の病気には、エビデンスなし。

 手技も道具なので使いようです。過去のピーリングについての記事はこちら

 美夏Dr.は、ニキビ治療としてはトレチノインの使えない人に、面疱処置を併用して、ややしっかりめのピーリングをする。またはかなり濃度を低くして、くすみをとりハイドロキノンやビタミンの浸透性をよくするのにピーリングをする。という2通りの治療をしています。最近では、後者の使い方の方が多いように思います。

関連記事

  1. スキンケアセットの選び方

  2. ピーリング アンチエイジングの実際のNO.2

  3. 毛穴治療体験:スタッフのレポート

  4. ニキビダニ

  5. サリチル酸マクロゴールピーリング 期間限定のお薦め

  6. マラセチア毛包炎とニキビは見分けがつきにくい

最近の記事 おすすめ記事
  1. プール

    2018.09.8

  2. On Golden Pond

    2018.07.18

カテゴリー

年月を選択

タグクラウド

Aoyama flower market M22 フォトフェイシャル ルミナス Smas-up 高周波と低周波 RF EMS  STCチップ サーマクールキャンペーン しみ治療の良い時期 ひだこ リベド 低温熱傷 アラガン ルミガン グラッシュビスタ イワシの生姜煮 クナイプのバスソルト サンバ 女神 シャンソン 島本弘子 シーレ スキンケア キャンペーン  レーザーフェイシャル M22 トーニング ステロイド 密閉療法 スレッド チャリティ ディファリン デッサン ニキビダニ パースピレックス ヒアルロン酸 注入 ビタミンCのイオン導入 紫外線をどう避けるか ピアス 在庫 ピュラジェン ボトックス ヒアルロン酸注入 ムーバブルタイプ リゴレット レンドヴァイ ロマの音楽  レーザーシャワー リフトアップレーザー ロングパルスヤグレーザー ジェネシス ワキ汗 わきあせ 腋下多汗症 久保山真衣 口の周り、しわ、若返り 咳エチケット  成蹊大学 混声合唱団 打撲 漢方 治打撲一方 毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎 法令線 年齢による変化 皮脂欠乏性湿疹 脱毛 ジェントレース ジェントレーズ マックスプロ 脱毛、ジェントレース、ヤグ、アレクサンドライト 花粉皮膚炎 講演会のおしらせ 赤い 乾く 乾燥 運河 ネクシードタレント 陥入爪 爪の切り方
PAGE TOP